ナナハンで林道を走る。

最近ちょこちょこタイヤサイズを1サイズ小さめにするユーザーがいます。
190を180に180を170にこれは意外と正解です。まー機種にもよりますが!
29号線戸倉峠を下ってすぐ岩屋堂方面に左折する。2車線道路を快適に走っていると、突然
せまくなる。いよいよ林道の始まりである。落石あり小枝が落ちている溝蓋がなかったり、水が流れていたりおまけに見通しが悪い1番怖いのは突然現れる対向車である。前回走ったときは1台も会わなかったのに。ほとんど舗装された道であるがところどころ砂利道もあるカーブの途中でそうなるとまさに逆ハン状態になる。全身からアンテナをめいっぱいだしていなければならない。途中ログハウス風のトイレがある。なぜこんな山の中に立派なトイレがあるのか不思議である。おそらく利用者は1日に一人もいないだろうに。なにわともあれ林道を走り終えたところで上がった血圧を下げるのに相当の休憩が必要であった。
今回のツーリングの目的は新車のCB750の慣らしである。通勤でおよそ600Km走ったがほとんどまっすぐで4速5速のギヤ以外はあまり使わない状況であった。したがってタイヤとチェンジタッチをまともな感じにしたかった。
あとは国道と県道をいろいろ走って帰ってきた。
今回のルート 加古川バイパスー姫路バイパスー姫路西バイパスー国道29号線ー戸倉峠ー
沖ノ山林道ー国道373-大原町ー国道429-千種町ー波賀町ー朝来町ー生野町ー県道367-県道8-県道143-県道34-国道312というルートであった。
全体的にせせこましい所ばかりでストレス2万パーセントという感じで二度とここは走らんと思ってもまたいってみたくなるルートでもある。慣らし完了
[PR]

  by ktc-motorcycles | 2008-03-10 18:05 | ツーリングリポート

<< タイヤメーカーに一言

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE